ご予約・お問い合わせは          

04-7154-5574  
※お電話の際は上記番号をクリックしてください
千葉県流山市東初石6-185-1 アクセスはこちら

 虫歯治療


●虫歯の進み方


●初期〜中等度の虫歯

歯の表面はエナメル質という非常に硬い組織に囲まれています。このエナメル質の下にあるのが象牙質という組織で、エナメル質よりも柔らかいため虫歯が象牙質まで達してしまうと一気に虫歯が進行してしまいます。

この時点で虫歯に気づき、なおかつ歯の中の神経に問題がなければ通常はコンポジットレジンやインレー・クラウンという方法で詰めて治療します。。

コンポジットレジンは多種類の色を用意しており、歯にあった色を選択し詰めることが可能です。この治療法は健康保険が適用されます。

インレーは金属の小さな詰め物です。保険診療ですと銀色の金属となります。

クラウンは被せ物です。保険診療であれば、前歯は硬質レジン前装冠と呼ばれる表の見えるところは白く裏側は金属というもので、臼歯は銀色の被せ物になります。

レジン・インレー・クラウンのどれを選択するかは虫歯の深さや部位、範囲によります。また、自費治療ですと審美性や機能性を重視したものなど選択の幅が広がります。


●重度の虫歯
象牙質の下には神経や血管が入った歯髄(歯の神経)という組織があります。虫歯が歯髄まで達してしまうと、歯髄を取る処置が必要となります。(抜髄処置)

歯髄を取る基準は、歯髄が炎症や感染を起こしていたり、または歯髄が壊死(死んでしまった)状態のときです。根の治療には、通常数回の通院が必要となってしまいますので、ここまで進行してしまう前に受診しましょう。


●歯髄の炎症、壊死、感染
歯髄が炎症・感染・壊死などを起こしてしまうと、歯髄を取なくてはいけません。感染した歯髄を全て取り除いて無菌化し、その空洞となった部分にお薬やシリコンポイントなどの充填剤を詰める必要があります。

これがいわゆる" 根の治療(根管治療) "です。

この治療をきちんと丁寧にしないと、一旦は痛みが治まっても再び痛みが出たり、将来的に病巣ができて腫れたりする可能性が高くなります。



*根っこの治療*


この後は金属の土台を立てて、被せ物をする治療が必要です。



ほんだ歯科医院
おおたかの森

〒270-0114
千葉県流山市東初石6-185-1
04-7154-5574
FAX:04-7154-5502

copyright©20XX honda dental clinic all rights reserved.