本文へスキップ

 ご予約・お問い合わせは          

04-7154-5574  
※お電話の際は上記番号をクリックしてください
千葉県流山市東初石6-185-1 アクセスはこちら

 小児歯科


小児歯科について
小児歯科では、多くの点で一般の歯科診療とは異なる点が存在します。

ほとんどのお子さまは、初めて受診される時に恐怖心を持っています。その後の治療で痛い思いをしてしまうと、一生歯科が嫌いになってしまう可能性もあります。
当院では『怖くない歯医者さん』を目指して、お子さまの虫歯予防や治療の際には細心の注意を払っています。

お子さまの虫歯予防で一番大切なことは、虫歯の治療はもちろんのこと、定期的な検診やフッ素塗布、虫歯のリスクに関するコントロールもおこなっていくことが重要です。また正しい歯磨きの習慣は早く身につけておくべきです。必要に応じて予防処置もおこなうのが望ましいでしょう。

乳歯は永久歯と違い、そのうち抜けて生えかわります。もうすぐ生えかわる抜けそうな乳歯はそれ以上虫歯を悪化させるのを防ぐ処置だけをして経過を見る場合もあります。
当院ではほとんどの場合、乳歯には銀の詰め物・被せ物はおこないません。金属を使用しない場合は保険の白い材料(コンポジットレジン)で治療をおこないます。



歯科が苦手なお子さまの場合

お子さまの中には歯科が苦手な子がたくさんいます。当院ではそのようなお子さんでも極力、無理に押さえつけることはしません。何度か通っていただき、少しずつ慣れてもらうようにしております。

   ※小児の診療方法の一つにTSD法という方法があります。   当院では、不安や恐怖心のあるお子さんには    治療の前にこのTSD法をおこない、    一緒に頑張れるように治療の練習をします。          Tell   : これから何をするかわかりやすく話す         Show : 用いる器械・器具を見せる      Do    : 実際に触ってもらう

最終的には自分から進んで診療室に入ってきてくれることを目標に治療を進めていきます。

また、乳幼児の治療の際には以下の点に気をつけています。

『歯科医院を怖い場所だと思わせない』
『無理に治療を進めない』
『お話ができるお子さまでも症状をうまく表現出来ないこともある』
『上手にできたら褒める!』


ドクターを始めスタッフ一同、お子さまが無理なく治療出来るように心掛けています。


ご両親へのお願い
ご家庭でお子さまが仕上げ磨きを嫌がった際などに、「歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」「歯医者さんで注射してもらうから」とつい言ってしまう方がたまにいらっしゃいます。
しかし、歯科医院に恐怖心を持ってしまうことは、お子さまの今後を考えると逆効果です。
ご家庭ではぜひ、『歯科医院は怖くないところ』だと教えてあげてください。

また、お子さまの歯やその他の口腔内の組織は、他の体の部位と同じく成長に伴いどんどん変化していきますので、できれば毎日の仕上げ磨きの際にお子さまの口腔内をしっかり観察してあげてください。

永久歯は上下左右に7本ずつ合計28本(親知らずをあわせると32本)あります。
乳歯は上下左右に5本ずつ合計20本あります。この20本すべてが通常生えかわります。(永久歯の先天性欠損などで生えかわらない場合もあります。)

乳歯や生えたての永久歯は歯の質が弱く、虫歯になると進行がとても早いのです。また、咬み合わせもどんどん変化していきます。

このように口腔内の変化に気づいた場合は、早めに受診してくださいね。



ほんだ歯科医院
おおたかの森

〒270-0114
千葉県流山市東初石6-185-1
04-7154-5574
FAX:04-7154-5502

copyright©20XX honda dental clinic all rights reserved.