本文へスキップ

 ご予約・お問い合わせは          

04-7154-5574  
※お電話の際は上記番号をクリックしてください
千葉県流山市東初石6-185-1 アクセスはこちら

 インプラント


歯を失ってしまったら


虫歯・歯周病・外傷などで歯を喪失した場合、ほとんどの場合、その部分に歯を補う(補綴:ほてつ)処置が必要になります。 補綴の方法はインプラント・ブリッジ・義歯など、いくつかありますが、ここではインプラントについて詳しくご説明いたします。



インプラントによる補綴処置

インプラントとは、フィクスチャーと呼ばれるネジのようなものを顎の骨に埋め込み、その上に土台(アバット)を立てて歯を作るものです。

また本院・分院含め当法人では、きちんと研修を受けたドクターが京セラ(国産)のPOIシステムのインプラントで施術しております。

= 利点 =
・もっとも慣れやすく、違和感がない 
・健全な歯を削らないですむ
・他の歯に負担をかけない
・取り外しなどの わずらわしさがない
・周囲の人に歯が欠損していることを気付かれない

= 欠点 =
・健康保険適応外
・骨の状態や部位によっては適応できない事もある

骨の中に埋め込むのでしっかりした骨があることが前提です。
インプラントを希望されても骨の量が充分でないと予後が悪くなる場合があります。
また、術後管理も予後に大きく関与します。

外科処置となりますので、全身疾患を有する方は処置ができない場合もあります。
詳しくは一度ご相談ください。


===== インプラントの術式 =====

欠損部位をインプラントで補う場合、まず麻酔をおこなった後、粘膜を切開・剥離します。

粘膜を剥離すると、顎の骨が見えてきますので専用のインプランターを使用し、決められた位置に穴を開けていきます。穴の太さおよび長さは、周りの歯や骨の状態や神経の位置などによりあらかじめ決められております。

インプラントを埋入するための穴を開け、歯根(フィクスチャー)を埋入していきます。

埋入が終了すると、次は粘膜を元の形に戻して縫合します。埋入後しばらくは、ここの部分では噛まないようにしてください。食事中に噛んでしまいますと、予後に影響する場合があります。

3〜4ヶ月後、インプラント体が固着したら土台(アバット)を立て、最終的な被せ物の型採りをします。場合によっては先に仮歯を入れる場合もあります。仮歯で実際に噛んでみて問題がなければ最終的な被せ物の型採りをします。


===== インプラント治療の流れ =====

術前検査(基礎疾患などの問診・口腔内診査・レントゲン撮影・模型作成)
インプラントをご希望の場合は、まず施術が可能かどうかの検査を致します。

・デジタルレントゲン撮影:顎の骨量が充分にあるかを調べるための撮影です。
・CT撮影:(必要な場合)
・模型作成のための型採り:石膏模型を作成して、スペースや噛み合わせ、歯の傾きや骨の幅の確認をします。

            

手術日の決定:
施術可能でしたら、ご相談の上手術日を決定します。また不安や疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。手術前日はゆっくりお休みになり当日はしっかりお食事をとってからご来院ください。

            

手術当日
施術時間は1本の場合、45分程度で終了します。(2本場合は1時間程度です)
術後は激しい運動などは避け、入浴はシャワー程度にしてください。夜はゆっくりお休みになってください。

            

術後管理の開始:

インプラントは術後管理・メインテナンスがとても重要です!

とは言っても、特別な苦労やわずらわしさがある訳ではありません。ご自分の歯と同じように、定期的にメインテナンスに来ていただくことと、患者さん自身のブラッシングが、インプラントを長持ちさせる為にとても重要なのです。

            

補綴:
術後3〜4ヶ月後(症例により多少前後します)に最終的な被せ物を入れていきます。

            

メインテナンスへ:
その後は定期的に来院していただき、検診・歯石の除去をおこないます。




インプラント以外で欠損歯を補う方法


●ブリッジによる補綴
この方法は欠損部の両隣の歯を削って橋渡しをし、3本分の被せ物(ブリッジ)を入れる方法です。

=利点=
・非常に慣れやすい
・健康保険が適応となる(欠損歯の数や、審美性を希望される場合は保険適応外となる場合があります)

=欠点=
・両隣の歯を削る必要がある
・両隣の歯がしっかりしている必要がある。また、3本分を2本で支える為土台となる歯が弱る場合がある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●義歯による補綴
ブリッジを希望されない場合は、一般的に1歯の欠損の場合は両隣の歯にワイヤーをかける部分義歯で補綴をします。

=利点=・健全な歯をほとんど削らなくてすむ
・取り外しができるので清掃性がよい
・一般的に健康保険が適応となる

=欠点=
・非常に慣れにくい
・残存歯にワイヤーがかかるため審美性がよくない
・取り外しが煩わしい


ほんだ歯科医院
おおたかの森

〒270-0114
千葉県流山市東初石6-185-1
04-7154-5574
FAX:04-7154-5502

copyright©20XX honda dental clinic all rights reserved.