本文へスキップ

 ご予約・お問い合わせは          

04-7154-5574  
※お電話の際は上記番号をクリックしてください
千葉県流山市東初石6-185-1 アクセスはこちら

 フッ素の効果


■何で虫歯になるの?■

私たちの歯は、毎日脱灰と再石灰化を繰り返しています。食事やおやつでお口の中の酸性度が高まると、歯からカルシウムなどのミネラルが溶け出します(脱灰)が、通常は唾液の作用により溶け出たミネラルが再び歯に沈着する再石灰化が起こります。

ところが、食事の回数が多かったりだらだら食べているなどで長時間酸性状態が続くと、再石灰化が間に合わずに脱灰が進んでしまい、虫歯になってしまいます。

■フッ素の効果■

フッ素は初期齲蝕(しょきうしょく:初期の虫歯)の自然修復(再石灰化)を促進したり歯垢の中で作られる酸の量を抑える働きがあります。さらに長期間使用し続けることによって、フッ素が歯に作用し酸に溶けにくい強い歯にしてくれます。

フッ素の虫歯予防のメカニズムは、フッ素による脱灰の抑制再石灰化の促進です。お口の中は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。フッ素はその手助けをしてくれるのです。


この効果を最大限に発揮させるため、歯科医院で定期的にフッ素塗布をおこなうと共にご家庭での歯磨き時に、フッ素入り歯磨き剤を使用することをおすすめしています。

使用するフッ素濃度は歯科医院では9,000ppm、ご家庭では950〜1000ppmです。
(※ppm=濃度の単位1000ppmは1g中に1mgのフッ素が配合されていることを示します)


FAQ】

■虫歯になったら自然には治らない?■


虫歯が進行して歯の表面に穴が開いてしまったら元には戻りませんが、初期の虫歯(ホワイトスポット)でしたら、正しい歯磨きと糖分摂取のコントロールと合わせてフッ素を積極的に応用していけば、進行を食い止めたり、修復することができます。


■フッ化物によって、虫歯が予防できるのはなぜ?■

一般の歯磨剤では、プラーク除去による虫歯予防効果は期待できますが、100%プラークを取り除くことはできません。フッ化物配合歯磨剤を使うと、プラークの中にいる虫歯菌の働きを弱めて酸が作られるのを抑えます。さらにフッ素が再石灰化を促進し、初期齲蝕を自然に修復します。


■フッ化物の再石灰化効果について教えて■

フッ化物配合歯磨剤の再石灰化効果を調べる方法として、pH cyclic法が用いられます。この実験により、フッ化物配合歯磨剤と無配合歯磨剤との効果の違いがはっきりわかります。

下の画像のように、フッ化物配合歯磨剤は脱灰部分を再石灰化により修復します。





■フッ化物配合歯磨剤の虫歯予防効果■

フッ化物配合歯磨剤については、世界中で100以上の質の高い臨床研究がおこなわれ、虫歯の発生を抑制することが証明されています。WHO(1994)は、継続してフッ化物配合歯磨剤を使用すると虫歯抑制率が高まるという見解を公表しています。


■フッ化物配合歯磨剤を使っていれば虫歯予防は大丈夫?■

虫歯はさまざまな原因が重なり合って発症する多因子性疾患なので、フッ化物配合歯磨剤を使っていれば、虫歯にならないというものではありません。

『フッ化物配合歯磨剤+正しいブラッシング+食事コントロール』
3つを実行することが大切です。


フッ化物配合歯磨剤は、吐き出した後も効果があるの? 

フッ化物配合歯磨剤は、吐き出し、洗口した後でも微量のフッ素が口腔内(粘膜・プラーク・歯面)に保持されます。保持されたフッ素が再石灰化の促進に有効な濃度(0.05〜0.1ppmF)以上に存在することで、吐き出した後も再石灰化は促進されます。

ただし、有効濃度以上のフッ素が保持される時間は、使用方法によっては短くなってしまいます。うがいの際は少量洗口をおこなってください。



ほんだ歯科医院
おおたかの森

〒270-0114
千葉県流山市東初石6-185-1
04-7154-5574
FAX:04-7154-5502

copyright©20XX honda dental clinic all rights reserved.