本文へスキップ

 ご予約・お問い合わせは          

04-7154-5574  
※お電話の際は上記番号をクリックしてください
千葉県流山市東初石6-185-1 アクセスはこちら

 顎関節症


■ 顎関節症とは ■

・顎関節、咀嚼筋の疼痛
・顎関節の雑音
・開口障害
などがみられる状態を総称して”顎関節症”と呼んでいます。

顎関節、咀嚼筋の疼痛とは、口の開閉時に耳の前あたりの顎関節付近や、頬、側頭部などに痛みを感じることです。
顎関節の雑音
とは、口を開けた時に鳴る”パキパキ”や”ジャリジャリ”という音です。
開口障害とは、口を精一杯開けても3cm以上開けることができない状態です。

上記の症状がみられる場合は”顎関節症”または予備軍である可能性が高いと言えます。
一度受診されることをお勧めします。


■ 顎関節症の治療 ■

* 原因の除去 *
顎関節症が引き起こされる場合は、顎に過剰な負担がかかっている場合があります。例えば、食いしばりや歯軋りなどです。

このような場合はできるだけその原因を取り除いてあげる必要があります。まずは、強くかみ締める癖をなくして、その原因が何らかのストレスによるものなら、その改善も検討することが望ましいでしょう。


* スプリント療法 *

スプリントにはいくつか種類があります。顎の関節を最も落ち着いた位置に誘導するスプリントや、マウスピースのような装置を装着して、顎の関節やそれを動かす咀嚼筋群に負担をかけないようにするものなどがあります。

通常、スプリントは就寝時に装着していただきます。


* 運動療法 *
これは、顎を動かす運動をして、本来開くべきところまで開けることができるようにするリハビリテーションです。
ただし無理に開けようとすると顎関節に負担をかけることになるので注意が必要です。





ほんだ歯科医院
おおたかの森

〒270-0114
千葉県流山市東初石6-185-1
04-7154-5574
FAX:04-7154-5502

copyright©20XX honda dental clinic all rights reserved.