本文へスキップ

 ご予約・お問い合わせは          

04-7154-5574  
※お電話の際は上記番号をクリックしてください
千葉県流山市東初石6-185-1 アクセスはこちら

 親知らずの抜歯


■ 親知らずとは? ■

親知らずは成人になる年代の前後で生えてきます。そのため智歯(ちし)とも呼ばれます。
位置的には、前から8番目に生えてきます。したがって親知らずが上下左右4本揃っている方は、8×4=合計32本の歯が生えているということになりますね。

4本揃っている人もいれば、何本かだけ生えている人、1本も生えていない人もいます。


■ 親知らずは必要? ■

時々患者さんから「親知らずは必要な歯ですか?」と聞かれることがありますが、これは生えている向きや周囲の歯の状態などによって違います。

Aさんには保存することを勧め、Bさんには抜歯を勧める、ということもあります。

* 抜歯を勧める場合 *
・親知らずの周りまで歯ブラシが届かずしっかり磨けない為、歯茎が腫れやすい。
・大きな虫歯になっている。
・親知らずが斜め、または真横に生えていて上の歯と咬み合っていない。

* 保存を勧める場合 *
・正しい歯列にまっすぐ生えている生えている
・手前の歯(7番)が弱っている。又は抜けてしまって無い。
・完全に埋まっていて、それ以上生えてこない。

上記のように、手前の歯(7番)を守るために抜く、という考え方と、手前の歯(7番)が駄目になった時、将来的にブリッジの土台として利用するために残すという考え方があります。

ただし、抜かずにおくと様々な弊害が出る場合があります。その場合は抜歯を勧める場合もあります。この場合、勧めるだけであって保存するかどうかの決断は患者さんご本人に決めていただきます。

ただ、弊害など十分に理解しているが ”抜きたくない” という方もいます。そのような場合はできるだけ健康的な状態で残していけるように、虫歯治療をおこなったり、正しい歯磨きの方法を説明させていただきます。


■ 親知らずを抜くのは大変? 抜くと痛い? 腫れる? ■
過去に大変な抜歯の経験をされた方や、人から「痛かった・腫れた」などの話を聞いた方は、親知らずの抜歯にあまり良いイメージが無いかと思います。。

親知らずを抜こうか迷っておられる方が最も心配されるのが、
「親知らずを抜くのは大変?何時間もかかる?」
「抜いた後痛い?腫れる?」
ということです。これに関しては個人差もあり、レントゲンだけでは判断できませんのである程度の目安しかお話できません。レントゲンで大変そうに見えても短時間で抜ける場合もありますしその逆もあります。また短時間で抜けた場合でも痛みが出たり、腫れてくることはあります。


当院では術後の痛みや腫れなど、患者さんの負担をできるだけ少なくするために切開や骨削(骨を削ること)は極力せず抜歯処置をおこなうようにしています。

切開や骨削をせずに真横に生えている親知らずを抜くためには、抜いてしまう歯の方を細かく割って出していきます。
そのため、時間が多少かかってしまいますが、患者さんの身体への負担を最小限にしたいと思っています。


■ 親知らず抜歯後の注意事項 ■
・抜歯した当日はなるべく安静にすることをお勧めします。激しい運動や飲酒をすると、血圧が上昇して再出血や痛みの原因となります。また、お風呂に長時間つかるのは避けて軽くシャワーを浴びる程度にしてください。

・うがいの際は水をお口の中に含んでそのまま吐き出す程度にしてください。
あまり何度もうがいをしてしまうと治癒しかけている組織が剥がれ、治りが遅くなったり痛みが出る原因となる場合があります。

・処方されたお薬は指示通り服用してください。(抗生物質は全て飲みきってください)予後を左右する場合があります。

・2〜3日は血が滲んできますが、あまり気にしないようにしてください。何かの拍子に再出血した場合は、清潔なガーゼなどを丸めてしばらく噛んでおいてください。圧迫することで、通常10分くらいで止まります。

その他、当日抜歯後にご説明いたしますので不明な点はご質問ください。





ほんだ歯科医院
おおたかの森

〒270-0114
千葉県流山市東初石6-185-1
04-7154-5574
FAX:04-7154-5502

copyright©20XX honda dental clinic all rights reserved.